欠陥建築

数年前に建築偽造問題など話題になりましたが、欠陥建築についてはまだまだ油断できません

「まさか自分は起きないだろう」と油断してしまうのは危険

欠陥建築の問題を取り上げる際に最重要視して頂きたい点なのですが、「まさか自分は起きないだろう」と油断してしまうのは危険ですし、欠陥住宅の場合は一生住むことが難しくなってきます。

住宅の品質確保促進法が定められてからは以前よりは少なくなっているように思われますが、毎年欠陥住宅は存在します。

それでは、欠陥建築を未然に防ぐにはどうするべきなのかを共有したいと思います。

考え方としては、任せておけば大丈夫だろうと言うのではなく、何かしらミスはあるものだと考えた方が良いでしょう。

もちろんミスはあってはならないものですが、依頼する側としての心構えはこうあるべきだと思います。

また、新築のプランなどを一緒に考える営業マンと、実際に家を建てる会社は違います。家を建てるのは建設業者の会社ですので、建築主とコミュニケーションをとるのも大事ですし、現場を見に行くことも大事です。

ただ、設計と内容が異なる個所を発見しても、直接現場の職人さんに指示をしないで、依頼した会社の担当者に問い合わせる方が良いです。

建設作業に入ったら、基礎を作る段階から全て確認すると良いでしょう。

素人が確認するのは困難な点もありますが、工事監理を専門にあつかうプロの業者もありますので、依頼することも考えてみてください。

Copyright (C) 失敗しないマイホームの建築と建築基準法. All Rights Reserved.