建築基準法

建築基準法の知識はマイホーム購入時に最低限覚えておくと、ハズレ物件を買わずに済みます。

マイホームを購入する

人生を生きている中で、一番大きな買い物はマイホームを購入することだと思います。
中には車などにお金をかけている方もいらっしゃると思いますが、今回は自分の家を建築する上で、失敗しない方法をお伝えできればと考えております。

まず、理想とする家を購入するためにも、外観や内装にも気を配ると思いますが、その前に資金の計画から入ることをお勧めいたします。

あれもこれもと要望を出すのは良いのですが、どんどん欲がでてきて最終的に予算オーバーになってしまうことも耳にします。
ですので、ある程度の予算を決めた中で、オーバーした分は削っていく方法をとるのが得策だと思います。

では実際にどのような事に費用が掛るか知っておきましょう。

環境に良いという意味になります

建築物を建てるときに、みなさま必ず税金を納めて頂くことになります。

一口で税金と言っても様々なものがあります。
ひとつは「登録免許税」がかかります。
これは、所有権保存登記にかかる税金で、自分の所有物であることを第三者に法的に証明するものです。

費用は(不動産の価格×税率6/1000=税金額)で算出できます。

次に「不動産取得税」ですが、これは不動産を取得したときに1度だけかかる税金です。
費用は(固定資産税評価額×4%)で算出できます。
そして、「印紙税」ですね、これはローンや売買契約書などの契約書を作成するときに貼付する切手型の税金です。

最後は皆さんご存知の「消費税」ですが、建物の取得原価の5%がかかります。
このほかにも、司法書士に依頼したり、ローンの手数料を考えるとプラス十数万円ぐらい費用が掛りますよね。

以外にこういった税金がかかることを知らない方がいらっしゃいます。

株式会社シェルパの建築パースは一般住宅からマンション・ビル、商業施設、文化施設までCGパースを制作

やはり気持ちが先走り過ぎて、ちょうど死角になってしまい、あとあと資金面で失敗している方が多いようです。

先にも述べましたが、やはり予算をまず決めて、家を建てるのにはいくら掛るのかを把握するところから始めるのが大切と言えます。
そのあとに、家具など生活に必要なものを取りそろえて行くと間違いないでしょう。

そして、家を建てるということは、ライフプランを新しくすることですので、是非すてきなライフスタイルを築ける建築をして頂きたいと願います。

Copyright (C) 失敗しないマイホームの建築と建築基準法. All Rights Reserved.